ご高齢者向け配食サービス開始!無料試食できます!
ご法事・ご法要 

この度のご不幸ではご家族様には痛恨の明けやらぬ日々をお過ごしのことと心よりお悔やみ申し上げます。当店は皆様のご法要のご相談相手となり、ご心労を少しでも軽くできますようお力添え致しております。

ご一報いただきましたら引出物カタログや呼び状などの無料印刷等ご奉仕させていただくご案内書をお送りいたします。社員一同、一所懸命お手伝いさせていただきます。

目次

1 法要の行程
2 葬儀後の手続き
3 忌明け法要までの準備
  ・お寺と日程を相談する
  ・会食(お斎)会場を決める
  ・呼び状を送る
4 引出物について
  ・御見舞のお返し
  ・引出物の意味と予算、人気商品、包装紙
  ・おだんす、お餅、おまんじゅう
  ・祭壇用花束、墓参用花束
5 新盆のご案内
  ・新盆の引出物
  ・お得なサービス
  ・「簡易組立盆棚セット」レンタルのご紹介
  ・盆提灯のご紹介
  ・銘木提灯レンタルのご紹介
6 お位牌・仏壇・葬儀・墓石

1 法要の行程

仏式  逝去の日を含めた七日目が「初七日」です(宗派、寺、地域により前日より数える場合もあります)。四十九日の忌明けまで七日毎に法要を行います。これには、個人がよい来世を得て成仏できるようにとの願いが込められています。最近では初七日は、遠方からの親戚が集まるのは大変という配慮から葬儀の当日に行うことが多くなっています。そして百か日、一周忌と続き、そのあとは年忌法要となります。

お悔み
・御霊前(四十九日以前)
・御仏前(四十九日以降)
・御供
僧侶へのお礼
・御布施
・御法礼
・志
世話人などへのお礼
・御礼
・志

ご逝去の日
通夜
当日または翌日の夜
葬儀・告別式
初七日(7日目)
初七日の法要は、葬儀にひと区切りつける日として、忌日の中でもとりわけ重要な儀式とされています。法要は遺骨や位牌、遺影などを飾った後飾りの席に僧侶を招き、お経をあげていただきます。親族や故人と親しい人たちに参列してもらい、焼香をした後に精進料理などでもてなします。なお、初七日の法要は告別式の当日に行うのが一般的です。
二七日、三七日、四七日
初七日に続き、二七日(十四日目)、三七日(二十一日目)と七日毎に供養しますが、これは忌明けとされる七七日(四十九日)まで行います。これらの忌日は、僧侶を招いて読経してもらうのが本来の姿でしたが、現在では初七日と七七日以外は家族内輪だけで行い、省略される場合も増えています。
五七日忌(35日目)
七七日前に年越し、三カ月にまたがる場合には五七日を忌明け日とする場合がありますが、地域や宗派によっては、五七日(三十五日目)を手厚く供養することもあります。
七七日忌(49日目)
七七日とは一般に「四十九日」と呼ばれています。死後より次の世で生を受けるまでを「中陰」と言い、期間は49日間です。49日目を「満中陰」と言い、忌明け日となる重要な日とされ、手厚く法要を営みます。最近では、親族や故人と親しかった方々にできるだけたくさん集まっていただけるように忌明け前の休日が多くなっています。
百か日(100日目)
近親者で行うのが一般的です。「施餓鬼会」を行う場合もあります。
新盆(初盆)
忌明けが過ぎてからはじめて迎えるお盆を「新盆」と言います。忌明け前にお盆を迎えたときは、翌年を新盆とします。
一周忌
ご逝去翌年の祥月命日
三回忌
ご逝去二年目の祥月命日
以降の法要
七、十三、十七、二十三、二十七、三十三、三十七、五十、百回忌(以降五十毎)とありますが、三回忌以降はごく親しい人だけの法要となります。一般には三十三回忌で弔い上げをして、先祖代々の法要とまとめて営むことが多いようです。

神式  物資期の法要にあたるものを「霊祭」と呼び、十日祭と忌明けとなる五十日祭を盛大に営み、二十日祭、三十日祭、四十日祭は近親者で営むなど、仏式と手順が似ています。忌明け後は百日祭、一年祭、三年祭、五年祭と続きます。

お悔み
・御霊前(五十日祭以前)
・御神饌料
・玉串料
・御榊料
神官へのお礼
・神饌料
・御礼
・御祈祷料
世話人などへのお礼
・御礼
・志
・偲び草

キリスト教  様々な宗派があるので総体的な説明はできませんが、葬儀の後は一年目のご命日に追悼ミサや記念式を行うことが多いようです。儀式には日本の風習を取り入れている場合もあり、詳しくは所属教会の神父様や牧師様にご相談ください。

お悔み
・御花料(共通)
・御霊前(カトリック)
・忌慰料(プロテスタント)
神父や牧師へのお礼
・御礼
・献金
世話人などへのお礼
・御礼
・志
・偲び草

123456